事 業 内 容 

製作までの過程

お客様と長いパートナーシップを生むわけは、この姿勢にあります。

作るだけでなく、製品を最後まで見守る姿勢が お客様との長いパートナーシップを生む。

朝日鉄工のお客様の殆どは、20年以上のお付き合い。 この感謝すべき事実は私たちの誇り、素晴らしい実績である。 このお客様との長い信頼関係を培ってきたポイントは、たったの2点。 1つはスタッフ全員が製品づくりに向かって一丸となり、 お客様の目的や立場を十分に理解して取り組んできたということ。 もう1つには、作り上げた製品が役割を遂げるまでの間、 しっかり見守り続ける厳しい目をもつということ。 僅かこれだけで、何より勝るお客様との長年のパートナーシップを 生み出してきた朝日鉄工。 これからも信頼される企業を目指して努力してゆく。

【オリエンテーション】

お客さまからの仕事の依頼があると、まず行われるのがこのオリエンテーション。 営業、工務、設計スタッフがお客様の意向を伺いに行き、使用目的、予算など詳しい打ち合わせをする。 スタッフ全員の目標を明確にし、お客様の立場に立った製品づくりへの理解を深める重要な作業である。

【社内企画会議】

受注後、社内で行われる会議。 まず、プロジェクトチームを編成。 営業・設計・工務それぞれの責任者が実務を担当するスタッフを選出する。 次に、予算と工程の管理票を作成し、スタッフそれぞれの作業内容の確認をする。

【設計】

必要に応じ、設計スタッフがCADを使って設計図を作成。 最新のシステムにより、お客様の意向に沿ったものがより正確に効率よく作成できる。

【製作】

設計図、使用に合わせた資材が揃えばいよいよ製作へ。 工場で働く精鋭たちに製品の用途、工程などの詳しい情報が伝達され、プロジェクトチームのうち最も製品に近いところにいるセクションとして、 緊張感を持って作業が行われる。

【組み立て、据え付け】

製品のスケール等によって、工場加工後、現場据え付けの場合と、現場で組み立て、据え付けをする場合とがある。 どちらも全て朝日鉄工のスタッフが責任を持って担当。 何よりも安全優先、慎重に行われている。

【補修・点検】

私たち朝日鉄工の仕事は製品を作り出し、据え付けるだけでは終わらない。 綿密な打ち合わせ、正確な設計図によって作られた製品でも、一つ一つがお客様にとってオリジナルとなると、アフターサービスが必要になる。 また、万一トラブルが発生するようなことがあっても、いつでも早急に補修に向かえるような体制を作り 緊急に備えている。 それが全国に点在する出張所、事務所。 送り出した製品がその役目を完全に終わるまで見守り続けるという朝日鉄工らしいアフターサービスを徹底、充実させている。


ページトップへ戻る ▲