自 主 防 災 

自主防災

自主防災訓練

私たちの仕事は、常に危険と隣り合わせです。 災害に備え、一人一人が、自分たちの身は自分たちで守るための術を知っておく必要があります。 防災に対する意識を高め、私たちは、日頃より、自主防災に努めています。

<AED取扱い訓練>

消防職員を講師に招き、AED(自動体外式除細動器)を用いて 心肺蘇生法と簡易応急手当の講習を受け、 工事現場のみならず、私たちが生活する日常でも役に立つ技能を取得する。 119番通報してから救急隊が到着するまでの時間を無駄にしない。 受講者には「普通救命講習Ⅰ」の修了証が授与される。


<避難訓練>

従業員が火災を発見。事務所へ連絡し、場内アナウンスを指示。 同時に119番通報。『訓練です。 〇〇で火災が発生しました。 △△に避難してください。 落ち着いて行動しましょう』 という場内アナウンスと共に、避難を開始。慌てず、走らず、迅速な行動を心がける。 全部署からの報告(〇〇部、〇名全員避難しました。負傷者は居りません。)をもって避難完了。 場内アナウンス開始から避難完了までの時間を計測。


<消火器による初期消火訓練>

消火器の取扱説明を受け、訓練用消火器を用いての訓練。 『火事だ!火事だ!』と大声で叫び、消火器を持って火元へ駆け寄り、ターゲットに向けて噴射。 工場内や事務所内に一定間隔で設置してある消火器は、半年に1回、点検を受けており、 すぐに手に取ることができるため、初期消火としては欠かせず、速やかに慌てずに初期消火に当たるための訓練をする。


<消火栓による放水訓練>

敷地内に設置された消火栓を使っての放水訓練。 従業員全員が、的確に消火栓を使えることを目的とし、消防隊の指導のもと、火元に向けての放水訓練を実施。 貯水槽の水量で 約10分、消防車が到着するまでの間、延焼を抑えるために訓練する。